保育園の安全で美味しい給食が食べられる「親子レストラン」

「親子レストラン」オープン記念イベント

 2018年4月7日(土)に、「親子レストラン」オープン記念イベントを開催しました。

「どうして食べてくれないの? 子どもの偏食への対応~

実践編~」のテーマで県立こども医療センターの大山牧子医師(法人評議員)による記念講演。

「お菓子を食べたがって、食事が進まない」「小麦製品ばかりでごはんを食べてくれない」などの悩みにも、「与えるものは親が決めて。お菓子をあげないと決めたら、あげないで過ごせば2週間で慣れます」「ごはんを出したら、食べなくても他のものを後から出したりしない。子どもはだだこねれば貰えると学習するからね」「食卓では絶対に怒らない」など具体的アドバイスをしていただきました。

 『いつ・どこで・なにを』食べるかは親が決めること。  

 それを食べるか食べないか・どのように食べるか・どれ

 くらい食べるか』は子どもが決めること」

 というお話に、参加者の皆さんも「そうか~」「なるほど」 

 と納得していました。

~素敵な感想が寄せられました~

 

「家庭ですぐに活かせるお話しばかりでした。」

 

「普段当たり前にしていたことが、違ったり参考になることが

 多々ありました。」

 

「毎食叱ってばかりで親も子も苦痛でしたが、お話しを聞けて

 楽になりました。」

 

「明確なやり方を教えていただけ分かりやすかったです。」